「バイトテロ」とは?意味や使い方を解説!

「バイトテロ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「バイトテロ」について解説します。

目次

  1. バイトテロ
  2. バイトテロの意味とは
  3. バイトテロを使った文章・例文

バイトテロ

皆さんは「バイトテロ」という言葉をご存知でしょうか。

SNS全盛期の昨今になって起こり始めた迷惑な事件。
なぜ起こってしまうのでしょうか。

今回は「バイトテロ」という言葉について詳しく解説します。

バイトテロの意味とは

バイトテロとは「アルバイト中にモラルに欠けた行いをし、その内容をSNSに投稿したものが炎上することで、勤務先に迷惑をかけること。『アルバイトによるテロ行為』の略称。」です。

最も多い事例が、小売店や飲食店で食品や商品、調理道具などに対して不衛生、または非常識な行いをすることです。
その様子をスマートフォンで撮影し、SNSに投稿する。それを他の人物が目にすれば、「こんなひどいことが行われていた」と怒りの感情をこめて拡散されます。

その結果、投稿者への非難が殺到、炎上します。
さらに「いったいどういう従業員教育してるんだ」と店側も非難されます。映像に移り込む制服や店内の内装などから容易に店を特定できるのです。

こうした大規模な炎上が起こり店の評判が落ちる様子を、アルバイトによるテロ行為が店に対して行われたとたとえた言葉が「バイトテロ」です。

テロとは言っても本人たちに悪意があったわけではない、店に迷惑がかかるとは思いもよらなかった場合がほとんどです。
SNSは基本的には、世界中の人が書き込みを見ることができるツールです。しかしバイトテロをしてしまう人たちはこの前提を忘れており、仲間内しか見ないだろうという軽いノリで過激な動画を投稿してしまうのです。

バイトテロを使った文章・例文

  1. 近所の飲食店で従業員がバイトテロを起こし、その対応のため閉店していた。
  2. たとえチェーン店でも、どこの店でバイトテロが起きたか特定するのは容易だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ