「高校デビュー」とは?意味や使い方を解説!

「高校デビュー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「高校デビュー」について解説します。

目次

  1. 高校デビュー
  2. 高校デビューの意味とは
  3. 高校デビューを使った文章・例文

高校デビュー

皆さんは「高校デビュー」という言葉をご存知でしょうか。

別々の進路を選んだ友達と再会してみれば、驚くほど垢抜けるような変化を遂げていたということはありませんか?
環境が変われば、人も変わるものですね。

今回は「高校デビュー」という言葉について詳しく解説します。

高校デビューの意味とは

高校デビューとは「中学生の頃までは目立たない存在だった人が、高校に入ってから垢抜けるような印象になったり不良のようになったりしてイメージチェンジする事」という意味です。

中学生までは義務教育ということもあって地味でおとなしい印象だった生徒も、高校生になると大人への第一歩を踏んだような気分になります。
校則が厳しくない学校ではおしゃれやアルバイトも堂々とできるようになり、中学生の頃よりも自由度が増します。
その結果、高校に入ることをきっかけにガラッとイメージチェンジを果たす人が多数出てくるのです。これが「高校デビュー」です。

「デビュー」のタイミングは高校に限りません。学校によっては中学校同様に校則が厳しいこともあるため、「デビュー」することができない人もいます。
そういう人たちは大学に進学すると一気に自由度が上がるので「大学デビュー」するのです。
ほとんどの大学では私服で化粧をして登校することができます。アルバイトの自由もあります。高校の部活とはレベルの違うサークル活動なども盛んに行われています。
それまで縮こまっていた人たちが、大きく広がった環境の中で「大学デビュー」することは必然でしょう。

高校デビューを使った文章・例文

  1. 中学の頃の友人と久しぶりに再会したら、すっかり高校デビューしていた。
  2. 高校デビューを目指すのはいいが、加減を間違えると目も当てられないことになる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ