「バイタルエリア」とは?意味や使い方を解説!

サッカーにおいて「バイタルエリア」という言葉を聞くことが多くなったと思います。解説や実況の人が口にする「バイタルエリア」という言葉について解説していきます。

目次

  1. バイタルエリア
  2. バイタルエリアとは
  3. バイタルエリアの使い方・例文

バイタルエリア

サッカーの試合中継を見ていると解説の人などが「バイタルエリア」という言葉を耳にするかと思います。

サッカーに詳しい方はバイタルエリアについて理解していると思います。しかし、「バイタルエリア」という言葉はサッカーに詳しくない人にはピンとこない言葉かと思います。

この記事では、そんな「バイタルエリア」について解説していきます。

バイタルエリアとは

バイタルエリアとは「得点に関わるプレーが生まれやすいエリア」のことを表します。

バイタルとは、英語で「Vital」と表し「致命的な」という意味があります。

バイタルエリアと同じような使い方をされる言葉として「アタッキングサード」という言葉があります。
 

アタッキングサードの説明

アタッキングサードとは、コートを3分割した際に自分たちが攻めるゴールに最も近いエリアのことです。

試合中継などで、アタッキングサードとミドルサードは使われることがありますが、ディフェンシブサードはあまり使われることがないようです。

しかし、ディフェンシブサードは「相手のアタッキングサード」という呼び方をされることがあります。

サッカーにおけるバイタルエリアとは

バイタルエリアとアタッキングサードは似ていますが、バイタルエリアは得点に関わるプレーが生まれやすいエリアなので少しだけ違います。

バイタルエリアは、得点に関わるのでアタッキングサードのゴール前はバイタルエリアです。

ですが、ミドルシュートが得意な選手がいる場合はアタッキングサード以外でもバイタルエリアになります。

また、サイトでプレーする選手が質の良いクロスを供給するチームの場合はその選手がいるサイドもバイタルエリアになります。

バイタルエリアはチームや戦術によって変わっていくエリアです。

バイタルエリアの使い方・例文

  1. バイタルエリアに運ばれたと思ったら、一瞬にして得点された。
  2. 今日の試合はほとんどバイタルエリアまでボールを運べなかった。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ