「独女」とは?意味や使い方を解説!

「独女」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「独女」について解説します。

目次

  1. 独女
  2. 独女の意味とは
  3. 独女を使った文章・例文

独女

独女」という言葉について解説します。

「独女」という言葉は、新聞やニュースなど堅いメディアではあまり目にすることはありませんが、雑誌やネットなど身近なメディアではわりとよく目にする言葉だと思います。

「30歳・営業独女」といったように使われていますが、みなさんはこの「独女」の意味はご存知でしょうか。

ここでは、そんな独女という言葉について意味や使い方、また似た言葉としてよく挙げられる「毒女」との違いなどについて紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、整理・理解してみてください。

独女の意味とは

>

独女とは「結婚していない未婚の独身女性」を指す略語となっており、読み方は「どくじょ」と読みます。

アラフォー独女、30代独女というように組み合わせて使われますが、それまで「未婚」が使われてた場所にそのまま代用される形と考えると分かりやすいかもしれません。

「独女」と「毒女」

独女と毒女、読み方は同じ「どくじょ」ですが、ここにはどのような違いがあるでしょうか。

独女は「独身女性」のことを指す単なる略語であることに比べて、毒女は「独身女性で、結婚できないような問題(毒)がある人」といったネガティブなニュアンスを含んだ言い方となっています。

独女から派生した言葉と言われていますが、ネットの掲示板などで自虐的、皮肉を込めて使われ始めました。

妙にプライドが高かったり、嫌な性格をしているなど、たしかにこの人は結婚できなさそうだな。と感じさせる人を指すようになったとも言われています。

独女を使った文章・例文

  • 独身でも、離婚経験のある人のことを独女とはあまり言わないので注意が必要。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ