「ブルジョワ」とは?意味や使い方を解説します!

「ブルジョワ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ブルジョワ」について解説します。

目次

  1. ブルジョワ
  2. ブルジョワの意味とは
  3. ブルジョワの使い方・例文

ブルジョワ

ブルジョワ」という言葉の意味をご存知でしょうか。

古くから用いられている外来語で、一部の人達を表す言葉になりますが、日常生活で見聞きする機会が少ないため、あまり馴染みがないという方は多いのではないでしょうか。
しかし、ニュースや新聞などでは稀に用いられることもあるため、この機会に是非意味を理解しておきましょう。

ここではそんな「ブルジョワ」について、意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

ブルジョワの意味とは

>

ブルジョワとは、「ブルジョワジー」の略語で、日本では主に「お金持ち」を意味する言葉として用いられています。

本来ブルジョワジーは17世紀から19世紀にかけてヨーロッパで広がっていった中産階級のことを指す言葉になります。貴族でも農民でもなく、資産を有する市民階級であり、その中の個人を指す際に短く略して「ブルジョワ」と呼ばれていました。
その後、20世紀の共産主義思想の中で、産業で資産を成した上層ブルジョワジーのことを指して用いられるようになりました。また、蔑称として用いられることも多かったとされています。

現代日本においても、単純に「お金持ち」のことを指す際に用いられることの多い言葉になります。

ブルジョワの使い方・例文

  1. ブルジョワジーな人達しか入れないような高級店が立ち並んでいる。
  2. ゴルフはブルジョワのスポーツだというのは偏見で、良い道具が変えなくても良い選手は育つ。
  3. 一人の議員が反緊縮策をブルジョワ系メディアは大きく取り上げた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ