「アフレコ」と「アテレコ」の違いとは?意味や使い方を解説!

「アフレコ」と「アテレコ」の違いを説明できる人は多くはいないと思います。この記事では「アフレコ」と「アテレコ」という似たような言葉の違いやそれぞれの意味について解説していきます。

目次

  1. 「アフレコ」と「アテレコ」の意味とは
  2. 「アフレコ」と「アテレコ」の使い分け
  3. 「アフレコ」と「アテレコ」を使った文章・使い方

「アフレコ」と「アテレコ」の意味とは

意味の違いが理解しずらい言葉として「アフレコ」と「アテレコ」という二つが存在します。

普段、耳にすることの多い言葉ですが、いざどっちが「アフレコ」でどっちが「アテレコ」なのか聞かれると言葉を詰まらせてしまう人が多くいます。

しかし、それぞれの意味を理解してしまえば使い分けはそんなに難しいものではありません。

今回は使い分けを間違えやすい「アフレコ」と「アテレコ」の違いを解説していきます。

まずは「アフレコ」と「アテレコ」のそれぞれの意味を理解しましょう。
 

アフレコ

「アフレコ」とは「After recording(アフターレコーディング)の略で、元からある映像に音を当てること」です。

映像などを先に撮り、そこに別録りで音声を当てることを意味します。

アニメーションなどの音声が代表例となります。

声優がアニメ映像に合わせて声を発し、アフレコしているシーンが一度は目にしたことがあると思います。

ちなみに和製英語のため、外国人に伝える場合は「アフターレコーディング」と略さずに言う必要があります。

アテレコ

「アテレコ」とは「当ててレコーディングするの略」です。

洋画の吹き替えなどで、演者の演技を見ながら声を当てることをアテレコと言います。

「アフレコ」と「アテレコ」の使い分け

「アフレコ」と「アテレコ」のそれぞれの意味はだいたい理解できたと思います。

基本的には「アフレコ」=「アテレコ」という見方で大丈夫です。

しかし、「アテレコ」は演技に声を当てることを意味し、「アフレコ」は元からある映像に声を当てます

つまり、「アテレコ」とは「アフレコ」の一種と考えられます。

アニメの声あてなどは「アフレコ」を使いますが、洋画の吹き替えなどは「アフレコ」と「アテレコ」どちらを使用しても間違いではありません。

しかし、最近では「アフレコ」に統一され始めているようです。

「アフレコ」と「アテレコ」を使った文章・使い方

「アフレコ」と「アテレコ」を使用した例文を紹介します。

【アフレコ】

  1. アニメのアフレコを担当する
  2. 声優のアフレコは圧巻だ

【アテレコ】
  1. 外国人のアテレコは難しい
  2. 洋画の吹き替えのアテレコを担当する

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ