「集大成」とは?意味や使い方を解説!

「集大成」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「集大成」について解説します。

目次

  1. 集大成
  2. 集大成の意味とは
  3. 集大成を使った文章・例文

集大成

集大成」という言葉に就いて解説します。

この「集大成」という言葉は、日常でもよく見聞きすることがあるのではないでしょうか。

例えば「甲子園で高校三年間の集大成を見せることはできるか」といった言い回しは、毎年耳にしますし、定型化しているような気がしないでもありません。

ここではそんな「集大成」という言葉について意味や使い方を紹介していきます。

かなり見聞きする機会が多い言葉なので、ご存知の方も多いかもしれませんが、ぜひ最後までご覧いただき、整理・理解していただければと思います。

集大成の意味とは

>

集大成とは「多くのものを体系的に集めて、一つにとりまとめること。またそのもの」「長年の努力・活動を結実させたもの」という意味の言葉となっています。

二つの意味がありますが、日常で集大成を使う際はほとんどが二番目の「長年の努力や活動の結実」という意味で使われているのではないでしょうか。

学業や部活動、仕事、趣味など、人は常に何かしらの活動をしているので、その活動の結果という意味で考えると、使われる場面は非常に多いと言えそうです。

長年の研究を集大成する。といった風に言った場合は、一番目の意味となり「研究をまとめたものを作る」という意味になります。

集大成を使った文章・例文

  • この作品が完成したら、彼の画家としての集大成と呼ばれるものになるだろう。
  • 今夜放送された最終回は、まさにこのドラマの集大成にふさわしい内容だった。
  • いつか集大成と呼べるようなものが残せるような人生を歩んでいきたい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ