「人徳」とは?意味や使い方を解説!

「人徳」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「人徳」について解説します。

目次

  1. 人徳
  2. 人徳の意味とは
  3. 人徳を使った文章・例文

人徳

人徳」という言葉について解説します。

みなさんもこの「人徳」という言葉を一度は見聞きしたことがあると思います。

「あの人には人徳が備わっている」といった感じで使いますが、この言葉の意味をきちんと把握していますでしょうか。

この言葉を誰かに言われたことがあるという方がいらっしゃったら、それはとても素晴らしいことですし、自分もそうなりたいと思いますが、

ここでは、そんな「人徳」という言葉について、意味や使い方などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと整理・理解してこの言葉を使ってみてください。

人徳の意味とは

人徳とは「その人の身についている徳」という意味の言葉となっています。

これだけだと少し分かりにくいと思いますので、「徳」という言葉の意味を見てみましょう。

徳とは「精神的な修行によって身に得た優れた品性」という意味があります。

つまり、人徳とは「その人の身についた優れた品性」という意味と言えるでしょう。

優れた品性とは、優しいとか正しいなど多くの人の良い点を含んだものです。

似た言葉として人徳と人望の違いとは?といったトピックを目にすると思いますが、

人望は「他人から寄せられる信頼」という意味の言葉なので、人徳の中に含まれる一つのことと言えそうです。意味が異なる言葉と言えるでしょう。

>

人徳を使った文章・例文

  • 人徳が備わっている人というのは、なかなかなりたくてなれるようなものではない。
  • あんなに沢山の人に慕われるということは、彼には人徳があるということなのだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ