「紛うことなき」とは?意味や使い方を解説!

「紛うことなき」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「紛うことなき」について解説します。

目次

  1. 紛うことなき
  2. 紛うことなき(まがうことなき・まごうことなき)の意味とは
  3. 紛うことなきを使った文章・例文

紛うことなき

紛うことなき」という言葉に就いて解説します。

みなさんはこの「紛うことなき」という言い回しを見聞きしたことはあるでしょうか。

「これがこの事件の紛うことなき真相である」といった感じで使われるこの言葉ですが、現代では少し堅くて、古い言い回しになってしまった感があるかもしれません。

とはいえ、日常会話の中では使うことは少なくなったものの、シーンによっては度々登場する言葉なので、覚えおくと良いでしょう。

ここでは、そんな「紛うことなき」という言葉について、意味や使い方などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、きちんと整理・把握してみてください。

紛うことなき(まがうことなき・まごうことなき)の意味とは

紛うことなき(まがうことなき・まごうことなき)とは「他のものと取り違えることのない」「疑う余地がない」「明らかな」といった意味で用いられる言い回しとなっています。

より本源的な言い方としては「紛う方なき」と言われていますが、紛うことなきも誤りではありません。意味は同じです。

紛うことなきは、紛れることがない=取り違えることがないとなり、そこから明らかな、疑いのないといった意味に広がったと言われています。

発音する時は「まごうことなき」と言う方が一般的かもしれません。

>

紛うことなきを使った文章・例文

  • メジャーリーグで活躍する二刀流の彼は紛うことなき怪物だと言えるだろう。
  • あのアニメはキャラクターこそ萌え系だが、その本質は紛うことなきシリアスミステリーだ。
  • この方こそが、紛う方なき将軍様である。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ