「惜しむらくは」とは?意味や使い方を解説!

「惜しむらくは」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「惜しむらくは」について解説します。

目次

  1. 惜しむらくは
  2. 惜しむらくはの意味とは
  3. 惜しむらくはを使った文章・例文

惜しむらくは

惜しむらくは」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

広く用いられている言葉ですが、惜しいことや残念なことを意味する言葉なのか、それとも反対に全然惜しくないことを意味する言葉なのか、正しい意味や使い方についてはよく知らないという方は少なくないのではないでしょうか。
日常生活はもちろん、ビジネスシーンでも用いることが出来る言葉になるため、この機会に是非意味を覚えておきましょう。

ここではそんな「惜しむらくは」について、意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

惜しむらくはの意味とは

>

惜しむらくはとは、「残念であること」や「惜しいこと」という意味になります。

残念な点があることや、惜しい結果になった原因をあげる際などに用いられます。

「おそらくは」のような類推(るいすい)と同様に、接尾語の「らく」が付いている言葉になりますが、誤用によって広まったものになります。
ちなみに接尾語とは、言葉の下に付いて共に言葉を形成するものや、意味を付与するものになります。

惜しむらくはを使った文章・例文

  1. 素晴らしい人物だったが、惜しむらくは経歴がパッとしない点だろう。
  2. 天気も良く、まさにバーベキューにもってこいの日だったが、惜しむらくは人があまりにも多すぎることだ。
  3. 容姿も性格も自分にはもったいないくらい素晴らしい女性だったが、惜しむらくは少々食事のマナーが悪いことだろう。
  4. 優勝してもおかしくない力を備えたチームだったが、惜しむらくは、チームの要であるエースと主将の両方を怪我で欠いていたことだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ