「一瞥」とは?意味や使い方を解説!

「一瞥」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「一瞥」について解説します。

目次

  1. 一瞥
  2. 一瞥の意味とは
  3. 一瞥の類語
  4. 一瞥を使った文章・例文

一瞥

一瞥」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「いちべつ」となります。

この「一瞥」という言葉は、少し難しい言い回しであるため耳馴染みのない方もいるかもしれません。

よく「相手を一瞥する」や「一瞥をくれる」「一瞥を投げる」といった使い方をします。

ちらっと見ることやちょっとだけ見ることといった意味を持つ言葉です。

難しい言い回しの言葉は、間違った意味で使用しないよう注意したいところです。

今回は、そんな「一瞥」について詳しく解説します。

この機会にしっかりと理解していきましょう。

一瞥の意味とは

一瞥とは「ちらっと見ること。ちょっとだけ見ること。」という意味を持つ言葉です。

よく「一瞥をくれる。」や「一瞥しただけで、それだとわかる。」といった使い方をします。

また「一瞥を投げる」という表現もあります。

一瞥を投げるとは「対象をちらっと見ること。」という意味を持つ言葉です。

したがって「一瞥する」も「一瞥を投げる」も同じ意味になります。

>

一瞥の類語

一瞥という言葉には、以下のような類語があります。

  • 一見
  • ちょっと見
  • 打見
  • 一覧
  • グリンブス

一瞥を使った文章・例文

  1. 転校してきた女生徒を一瞥すると、目が合ってしまい気まずい空気が流れた。
  2. 他校の不良に一瞥を投げると、睨みをきかせながらこちらへ向かってきたので急いで逃げた。
  3. 散歩をしていると、近所に住んでいる女性が新しく飼った犬を連れていたので一瞥した。
  4. 気になる女性を一瞥すると、睨み返されてしまい心が折れた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ