「手を染める」とは?意味や使い方を解説!

「手を染める」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「手を染める」について解説します。

目次

  1. 手を染める
  2. 手を染めるの意味とは
  3. 手を染めるを使った文章・例文

手を染める

手を染める」という言葉の意味や使い方について解説します。

手を染めるという言葉は、一般的に使用する慣用句であるため耳馴染みのある方も多いかもしれません。

よく、「犯罪に手を染める。」や「相場に手を染める。」といった使い方をします。

また、同じ体の一部を使った慣用句に、「足を洗う」があります。

今回は、足を洗うについても詳しく解説します。

「手を染める」について、この機会に深く知っていきましょう。

手を染めるの意味とは

手を染めるとは「関係を持ち始める。手をつける。」という意味を持つ言葉です。

使い方としては「相場に手を染める。」や「犯罪に手を染める。」といった表現をします。

また、似た言葉に「手を付ける」があります。

手を付けるとは「着手する。使い始める。料理などを消費する。目下の女性などと関係を持つ。」といった複数の意味を持つ言葉です。

また、同じ体の一部を使った慣用句に「足を洗う」があります。

足を洗うという言葉には2つの意味があります。

まず、1つ目は「娼妓や芸人などが、その勤めを辞めて堅気になること。」という意味になります。

そして、2つ目は「世間一般の人々が嫌がるような良くない仕事をやめること。好ましくない仕事を辞めること。煩わしい仕事を辞めること。」という意味になります。

>

手を染めるを使った文章・例文

  1. 私の小学校時代の恩師は、犯罪に手を染めるような人間になるなと口癖のように言っていた。
  2. 彼は、手広く事業に手を染めすぎて収集がつかなくなっている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ