「善良」とは?意味や使い方を解説します!

「善良」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「善良」について解説します。

目次

  1. 善良
  2. 善良の意味とは
  3. 善良の使い方・例文

善良

皆さんは「善良」という言葉をご存知でしょうか。

「善」も「良」も簡単な漢字なので、読み方が「ぜんりょう」である、というところは大体の方がお分かりでしょう。
意味も読んで字のごとし、シンプルで分かりやすい言葉ではあると思います。
では、具体的にはどういうものが「善良」なのか?と聞かれると、実は個人差が大きいのではないでしょうか?

今回は「善良」という言葉について詳しく解説します。

善良の意味とは

善良とは「良い性質のこと。穏やかな性質のこと。」という意味です。
読み方は「ぜんりょう」です。

「良い」「優しい」「正しい」などのニュアンスを含んだ言葉です。
法律用語などでよく出てくる言葉であり、「悪性の対義語」のような使い方をされることが多いです。

通り魔や交通事故などの理不尽な形で人命が奪われる事件が起こると、「善良な市民の犠牲を悼む」というような文脈で被害者を追悼する言葉の中に出てきたりします。
その被害者が実際には善良とは程遠い人物だったとしても、そのことが取りざたされたりはしません。
被害者が無差別的に命を奪われたというケースでは、死者に鞭打つ行為は嫌われます。

「善良な人」とは具体的にどういう人なのかということについては、感覚に個人差があります。
おおよその基準として礼儀正しい、道徳的である、親切である、寛容であるなどが挙げられると思われます。
しかしそういった人の善性に付け込んで迷惑をかけるような人もいます。
善良さだけでは生きていけないのもつらい所ですね。

>

善良の使い方・例文

  1. 警察の仕事は、善良な市民を守ることだ。
  2. 人の善良さに期待するのは分かるが、そうでないケースを考えることも重要だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ