「高慢」とは?意味や使い方を解説します!

「高慢」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「高慢」について解説します。

目次

  1. 高慢
  2. 高慢の意味とは
  3. 高慢の使い方・例文

高慢

皆さんは「高慢」という言葉をご存知でしょうか。

読み方は「こうまん」ですが、「ごうまん」と読んでしまう方も少なくないのではないでしょうか。
しかしそれは「傲慢」という別の言葉なのです。
読み方も意味もよく似ているこの言葉、どのように使い分ければいいのでしょうか?

今回は「高慢」という言葉について詳しく解説します。

高慢の意味とは

高慢とは「自分が人より優れていると思って、他者を見下すこと。」という意味です。
読み方は「こうまん」です。

高いところから他の人を見下ろした気になって威張ったり、馬鹿にしたような気になる。それが「高慢」です。
高慢で憎らしい態度を取る人のこと、またそういった人への罵り言葉を「高慢ちき」といいます。

似た意味の言葉に「傲慢」があります。
読み方も「こうまん」と「ごうまん」で間違いやすい言葉ですが、違いは何でしょうか。

「傲慢」は「おごり高ぶって人を見下すこと」という意味です。
「おごり高ぶる」とは「相手を見下して高慢な態度を取ること」であり、結局「高慢」に戻ってきてしまいました。
しかしよく読むと「おごり高ぶる」は「高慢な態度を取ること」であり、実際に行動に移しているというところが特徴的です。

つまり「高慢」は相手を見下した気持ちになることを言い、「高慢な態度で相手を見下した言動をする」ことを「傲慢」と呼ぶということなのです。

>

高慢の使い方・例文

  1. あの上司の態度には、部下に対する高慢さが見え隠れする。
  2. いつも学年上位の成績を収めているせいか、彼の言動はどこか高慢ちきだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ