「空気を読む」とは?意味や使い方を解説!

「空気を読む」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「空気を読む」について解説します。

目次

  1. 空気を読む
  2. 空気を読むの意味とは
  3. 空気を読むを使った文章・例文

空気を読む

空気を読む」という言葉について解説します。

一時期はこの言葉を元にした「KY」なんていう言葉も流行ったこともありましたが、この言葉は、日本人であれば誰にとってもかなり身近にある言葉と言えるのではないでしょうか。

会話として「そこは空気を読んで上手くやってよ」「私も空気を読んですぐに帰ったよ」といった感じで使うこともあれば、行動として実際に「空気を読む」ことも日常的に誰もがしていると思います。

意味や使い方を今さら説明する必要はないかもしれませんが、純粋に言葉としての「空気を読む」について、一度整理してみたいと思います。

ぜひ最後までご覧いただき、今一度、意味や使い方をおさらいしてみてください。

空気を読むの意味とは

>

空気を読むとは「雰囲気からその場の状況を察すること」「その場で自分がすべきこと、しない方が良いことを憶測して判断すること」といった意味で使われる言葉となっています。

雰囲気を良くしようとしたり、状況を察すること、自分のすることを憶測するなど、言語化されていないものを掴んで把握すること全体に使われる言葉だと思います。

良い悪いではなく、要求や意見をストレートに言わない傾向が強い日本人独特の文化とも言えるかもしれませんが、この「空気を読む」ことが苦手な人は、苦労が多いのではないでしょうか。

冒頭に出たKYという言葉は、空気が読めない人に対して言うスラング的な言葉として流行りましたが、あまりにも空気を読むことを求めすぎるのは、逆に息苦しくなりそうですよね。

ほどほど を意識して使うと良さそうです。

空気を読むを使った文章・例文

  • 空気を読むことが得意なだけで出世したサラリーマンがいるらしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ