「カスタマーハラスメント」とは?意味や使い方を解説!

「カスタマーハラスメント」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「カスタマーハラスメント」について解説します。

目次

  1. カスタマーハラスメント
  2. カスタマーハラスメント(カスハラ)の意味とは
  3. カスタマーハラスメントを使った文章・例文

カスタマーハラスメント

カスタマーハラスメント」という言葉について解説します。

パワーハラスメント、マタニティーハラスメントなどなど…ニュースを見ていると、毎年毎年、続々と新しいハラスメントが生まれている気がします。

ここで紹介していく、このカスタマーハラスメントという言葉も、その中の一つと言えるかもしれません。

皆さんは、このカスタマーハラスメントという言葉を実際に見聞きしたことはあるでしょうか。まだ見聞きしたことがない、または知っているけど詳しく意味は知らないという方もいらっしゃると思います。

ここではそんなカスタマーハラスメントという言葉について、意味や使い方などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと整理・把握してみてください。

カスタマーハラスメント(カスハラ)の意味とは

>

カスタマーハラスメント(略・カスハラ)とは、明確に定義された言葉ではありませんが、「消費者による自己中心的で理不尽なクレーム、要求」という意味で使われる言葉となっています。

クレーマーハラスメントとも呼ばれていて、客だからといって自分勝手で理不尽、または滅茶苦茶なクレームは総じてカスタマーハラスメントにくくられています。

例を挙げると、「家まで来て謝れ」「土下座しろ」などがこれに当たります。他にも様々ありますが、不当な要求はほぼこのカスタマーハラスメントの範疇と考えられるでしょう。

このカスタマーハラスメントが増えた原因としては、過剰なサービスや従業員の人材不足など色々と考えられますが、お客様=神様と勘違いしている人が増えていることもあるようです。

カスタマーハラスメントを使った文章・例文

  • 正しいと思ってやっていたが、今考えてみるとあれはカスタマーハラスメントだったかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ