「コレオグラファー」とは?意味を解説します!

「コレオグラファー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コレオグラファー」について解説します。

目次

  1. コレオグラファー
  2. コレオグラファーの意味とは

コレオグラファー

コレオグラファー(choreographer)」という言葉があります。

日常生活では見聞きする機会はほとんどないため、どんな意味の言葉なのか想像もつかないという方は非常に多いはず。
しかし、実は多くの人が一度は見たことがあるものに関わる重要な役割を担う人物のことを指す言葉になります。

ここではそんな「コレオグラファー」について詳しくご紹介していきます。

コレオグラファーの意味とは

コレオグラファー(choreographer)とは、「振付師」「振付家」のことを意味します。

振り付けを意味する「コレオグラフィー」を行う人物のことで、バレエといった西洋のダンスの振り付けだけでなく、日本舞踊や歌舞伎などの伝統舞踊などの振り付けを行うことも指します。
同じ意味の言葉ですが、日本では主にバレエなどの振り付けを振付師や振付家と呼び、音楽や映画などのショービジネスの世界で振り付けを行う人物のことをコレオグラファーと呼ぶなど、使い分けがされています。

また、映画などの格闘シーンなどの振り付けを行う振付家のことを「ファイト・コレオグラファー」と呼びます。他に、振り付け全般の業務を任されている振り付けマネージャーのような役割を担うポジションのことを「アソシエイト・コレオグラファー」と呼ぶなど、状況や役割によって様々なコレオグラファーが存在します。

スポーツの世界でも用いられており、ダンスと同じく、身体の動作の順序やリズムを指導することを指して用いられています。

>

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ