「辞表」とは?意味や使い方を解説します!

「辞表」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「辞表」について解説します。

目次

  1. 辞表
  2. 辞表の意味とは
  3. 辞表の使い方・例文

辞表

辞表」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

ドラマや映画などで、刑事が「辞表」と書かれた封筒を上司に渡しているシーンは有名ですが、実は非常に多くの社会人が経験していることなのです。
意味を知っていると必ず役立つ言葉ですので、この機会にしっかりと意味を理解しておきましょう。

ここではそんな「辞表」について、意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

辞表の意味とは

辞表とは、公務員や会社役員などが「退職する際に届ける書類」のことを指す言葉になります。

通常、企業に属する人間が職を辞する際には退職届や退職願を提出しますが、辞表は公務員のような公的機関に所属する人間や、会社役員のように社内である程度の役職についている人間が提出するものになります。

ちなみに、退職届けは退職することを申し出る書類のため撤回できませんが、退職願の場合は辞める意思があることを伝える書類になるため、受理されない場合もあります。
辞表は正式に退職するための書類になるため、退職届に近いものになります。

>

辞表の使い方・例文

  1. 大人気だった相撲部屋の親方が、突然協会に辞表を出したと聞き、日本中で驚きの声が上がっている。
  2. 一生働くと思って入った会社だったのに、事前に聞いていた話とあまりに違い過ぎたため、すぐに辞表を書くことになってしまった。
  3. 辞表を上司に提出したのに、人手不足を理由に受理されなかったため、訴えることにした。
  4. 退職願のつもりで辞表を出したのに、交渉もなくあっさりと受け入れられてしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ