「すみません」と「すいません」の違いとは?意味や使い方を解説します!

「すみません」と「すいません」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「すみません」と「すいません」について解説します。

目次

  1. 「すみません」と「すいません」
  2. 「すみません」と「すいません」の意味とは
  3. 「すみません」と「すいません」の違いとは
  4. 「すみません」と「すいません」の使い方・例文

「すみません」と「すいません」

すみません。」と「すいません。」の意味や違い、使い方などについて解説します。

この「すみません」と「すいません」という言葉は、一見同じように感じます。

確かに、どちらも持っている意味は同じです。

しかし、表現による違いはあります。

今回は、そんな「すみません」と「すいません」の違いについて詳しく解説します。

手紙やメールで使用する際にはどちらが適切かなども解説します。

英語での意味についても解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

「すみません」と「すいません」の意味とは

「すみません」も「すいません」も持っている意味は同じです。

どちらも「相手に対して詫びる意味で使用する言葉。」となります。

「申し訳ございません。」や「ごめんなさい。」といった意味合いで使用します。

英語に訳すとどちらも「I'm sorry.」となります。

>

「すみません」と「すいません」の違いとは

「すみません」と「すいません」は、同じ意味を持つ言葉ですが、表現による違いがあります。

まず、お詫びの言葉として適切なのは「すみません。」です。

「すいません。」は、すみませんを言いやすくした言葉であり、口語表現になります。

したがって、メールや手紙などの文書で詫びる場合には、口語表現である「すいません。」は避け「すみません。」とするべきです。

さらに、目上の方に向けてやビジネスの場においては、どちらも不適切と言えます。

ビジネスの場では「申し訳ございません。」が適切です。

「すみません」と「すいません」の使い方・例文

  1. 本日は、遠方からご足労いただきすみません。
  2. すいませんが、前を通らせていただきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ