「仮眠」とは?意味や使い方を解説します!

「仮眠」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「仮眠」について解説します。

目次

  1. 仮眠
  2. 仮眠の意味とは
  3. 仮眠の使い方・例文

仮眠

仮眠」という言葉の意味や使い方について解説します。

この仮眠という言葉は、広く使われているため耳馴染みのある方も多いかと思います。

読み方は「かみん」となります。

短時間の睡眠や仮寝といった意味を持つ言葉で、仮眠のとり方として代表的なのは昼寝です。

昼寝は身体に良い影響を与えることがわかっているため、その話題にも少し触れたいと思います。

もちろん、仮眠の意味についても詳しく解説します。

この機会に「仮眠」について詳しく知っていきましょう。

仮眠の意味とは

>

仮眠とは「短時間の浅い眠り。一時的に短時間眠ること。仮寝。仮睡。」という意味を持つ言葉です。

読み方は「かみん」となります。

使い方としては「昼休憩に仮眠をとる。」といった表現が一般的です。

意味の中に「短時間」が含まれているため「短時間の仮眠をとる」という言い方は若干、重複表現になります。

仮眠のとり方は、満足に睡眠時間をとれない際にそれを補う形であったり、昼寝であったり、人によって異なります。

仮眠の中で代表的なのは昼寝で、20分程度寝ることで精神的にリフレッシュされ、生産性が上がると言われえています。

また、週に3回以上仮眠をとる人は、心臓関係の疾患による死亡リスクが低いとも言われており、身体に良い影響を与えることがわかっています。

仮眠の使い方・例文

  1. 私は、仕事の休憩時間に20分程度仮眠をとるようにしたら作業効率が上がった。
  2. 仮眠は長時間とると頭がぼーっとしてしまうためあまりおすすめできない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ