「貞淑」とは?意味や使い方を解説します!

「貞淑」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「貞淑」について解説します。

目次

  1. 貞淑(読み方・ていしゅく)
  2. 貞淑の意味とは
  3. 貞淑の使い方・例文

貞淑(読み方・ていしゅく)

貞淑」という言葉について解説します。読み方は「ていしゅく」です。

「まじめで貞淑な人」といった使い方をしますが、みなさんはこの「貞淑」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

日常会話の中ではあまり使わない言葉なので、ちゃんとした意味は実は知らないという方も多いかもしれません。

ですが、本の中やフォーマルな場では度々登場する言葉なので、ここで一度意味や使い方を整理してみましょう。

ぜひ最後までご覧になって、この「貞淑」という言葉についてきちんと把握してみてください。

貞淑の意味とは

>

貞淑(ていしゅく)とは「女性の操がかたく、しとやかなこと。また、そのさま」という意味の言葉となっています。

「操(みさお)がかたく」というのは、操は「女性の貞操」のことなので、性的なことに関して清いというような意味になります。

意味からも分かるように、この貞淑という言葉は女性に対して使われる言葉で、男性に使われることはありません。

また、性的な意味合いが含まれている言葉なので、やたらに使わない方がいいでしょう。

ちなみに、貞淑の反対語として「奔放」だと思っている方も多いかもしれませんが、正確に言うとこれは間違いです。反対語は奔放ではなく「淫奔」となります。

これも併せて押さえておくと良いのではないでしょうか。

貞淑の使い方・例文

  • 昔は貞淑な妻になることが理想の生き方とされていたが、現代では自分らしく奔放な生き方を選ぶ女性も多くなってきている。
  • 女性の価値観は変わってきているが、男性は依然として女性には貞淑であることを求めているのかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ