「上の空」とは?意味や使い方を解説します!

「上の空」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「上の空」について解説します。

目次

  1. 上の空
  2. 上の空(うわのそら)の意味とは
  3. 上の空の使い方・例文

上の空

上の空」という言葉について解説します。

「上の空で人の話を聞く」といった使われ方をするこの言葉ですが、みなさんも日常生活で見聞きしたことがあると思います。

きちんと調べたことはなくても、意味や使い方はなんとなく知っているとは思いますが、ここで一度整理してみるのはいかがでしょうか。

ここでは、上の空という言葉について意味、使い方・読み方などを紹介していきますので、ぜひ最後までご覧になってきちんと把握してみてください。

上の空(うわのそら)の意味とは

>

上の空(読み方・うわのそら)とは

  1. 他のことに心が奪われて、そのことに注意が向かないこと。また、そのさま。心が浮ついて落ち着かないさま。
  2. 天空、空中、そら
  3. あてにならないこと。根拠がなく不確かなこと
といった意味を持つ言葉となっています。

一般的に上の空と言った場合は、ほとんどが1の他のことに気を取られているという意味で使われているようで、「上の空で人の話を聞く」と言った場合は、「他のことに気を取られて(集中せずに)人の話を聞く」という意味になることが分かると思います。

あまり使われることは無いかもしれませんが、2、3の意味も併せて覚えておくと良いのではないでしょうか。

また、「上の空じゃない?」「上の空でやらないで」といった感じで、人に対して指摘や注意する時に使われる言葉でもあるので、使う際は注意が必要かもしれません。

上の空の使い方・例文

  • Aさん今日ずっと上の空だけど、プライベートでなんかあったのかな。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ