「極意」とは?意味や使い方を解説します!

「極意」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「極意」について解説します。

目次

  1. 極意
  2. 極意(ごくい)の意味とは
  3. 極意の使い方・例文

極意

極意」という言葉について解説します。

極意という言葉を聞くと、お侍さんや剣術をイメージする方は多いと思います。

時代劇やその時代の漫画などでは、「○○流極意を伝授した~」といった感じで登場するのを見聞きしたことはないでしょうか。

現代でも「商売の極意」「ビジネスマナーの極意」のように、一般的に使われている言葉ですが、意識して意味を調べたことはないという方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、そんな「極意」という言葉について、意味や使い方などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと整理・理解してみてください。

極意(ごくい)の意味とは

>

極意(読み方・ごくい)とは「学問や技芸などで、核心となる大切な事柄」「奥義」といった意味の言葉となっています。

ということで、「商売の極意」といった場合、「商売の核心となるもの」という意味になることが分かると思います。

ちなみに、意味で「奥義」とありますが、この言葉の意味もほぼ同じで「学問、芸能、武術などの最も大切な点」となっています。

普段の会話の中で、「これの極意は」とか「あれの奥義とは」なんて言うことはないとは思いますが、書籍などでは度々使われる言葉なので覚えておくとよいのではないでしょうか。

 

極意の使い方・例文

  • 五輪書は宮本武蔵が自分の命をかけて、兵法の極意・真髄をまとめた書であると言われている。
  • 長い板前修行の日々を経て、師匠から和食の極意を伝授された。
  • 極意は教えてもらうものではなく、自分で見つけるものだと昔の人が言っていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ