「ガラスのハート」とは?意味や使い方を解説します!

「ガラスのハート」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ガラスのハート」について解説します。

目次

  1. ガラスのハート
  2. ガラスのハートの意味とは
  3. ガラスのハートの使い方・例文

ガラスのハート

ガラスのハート」という言葉の意味や使い方を解説します。

この「ガラスのハート」とは、ある性格を形容した表現ですが、皆さんは聞いたことがあるでしょうか。

よく「ガラスのハートの持ち主」や「そんなガラスのハートでは、大事な舞台に立てない。」といった使い方をします。

また「ガラスの心」ともいいます。

ガラスの特徴を人のハートや心に例えた言葉で、冗談交じりに使用する場合もあります。

今回は、そんなガラスのハートの持ち主の特徴についても解説します。

この機会に深く知っていきましょう。

ガラスのハートの意味とは

>

ガラスのハートとは「もろく、傷つきやすい心。ちょっとしたことで機嫌や心証が損ねてしまうような気難しさなどを形容する表現。」といった意味を持つ言葉です。

ガラスは美しく繊細な見た目であるが、扱いには注意しなければならないことが語源となっています。

使い方としては「ガラスのハートを持っている彼女は、悲しいニュースを見て涙を流す。」といった表現が一般的です。

このガラスのハートを持っている人は、以下のような特徴が挙げられます。

  • 他人の気分に感情移入してしまう
  • 痛みに敏感である
  • 芸術的な感性を持っている
  • 混乱しやすい
  • 音に敏感である
  • 気持ちの切り替えが難しい
  • 罪悪感が強い
  • 劣等感が強い
  • 周りの言葉に過剰反応する
このように、繊細な内面を持っている人が「ガラスのハートの持ち主」と言われます。

また、ガラスのハートは「ガラスの心」ともいいます。

ガラスのハートの使い方・例文

  1. そんなガラスのハートでは、国家試験に受からないよ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ