「保留」とは?意味や使い方を解説します!

「保留」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「保留」について解説します。

目次

  1. 保留
  2. 保留の意味とは
  3. 保留の使い方・例文

保留

保留」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「ほりゅう」となります。

ビジネスの場や日常会話の中でも一般的に使用されるため、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

よく「回答を保留にしておく。」や「指名権を保留にする。」といった使い方をします。

また、この保留と似た言葉に「留保(りゅうほ)」があります。

今回は、この保留と留保の違いについても解説します。

この機会に「保留」の意味について詳しく知っていきましょう。

保留の意味とは

>

「保留」という言葉には、2つの意味があります。

まず、1つ目は「そのまま保ってとどめておくこと。とめておくこと。他に移さないで保っておくこと。とどまり元の状態にすること。」という意味になります。

使い方としては「指名権を保留する。」といった表現が一般的です。

続いて、2つ目は「その場で決定せずに、先延ばしにしておくこと。」という意味になります。

使い方としては「質問への回答を保留する。」や「態度を保留する。」といった表現が一般的です。

読み方は「ほりゅう」となります。

また、保留と似た言葉に「留保」があります。

読み方は「りゅうほ」です。

留保とは「すぐにその場では行わず、一時差し控えること。」や「法律において、権利や義務を残留、保持すること。」といった意味を持ちます。
 

このように、保留と留保には2つ目の意味で違いがあります。

保留の使い方・例文

  1. クライアントから無理難題を突き付けられてしまったので、今回の件は保留にさせてもらう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ