「段違い」とは?意味や使い方を解説します!

「段違い」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「段違い」について解説します。

目次

  1. 段違い
  2. 段違いの意味とは
  3. 段違いの使い方・例文

段違い

段違い」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「だんちがい」となります。

この段違いという言葉は、一般的に使用されるため耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

「だんち」とも略され、略す場合には比較的カジュアルな場面で使用されます

よく「段違いの実力を持つ選手」や「段違いの棚」といった使い方をします。

今回は、そんな「段違い」という言葉について詳しく解説します。

この機会に「段違い」について深く理解していきましょう。

段違いの意味とは

>

段違いという言葉には、2つの意味があります。

まず、1つ目は「能力や技術、品質などに非常に違いがあって、比べ物にならないこと。各段の差があること。また、その様子。」という意味になります。

使い方としては「段違いの実力がある選手。」「段違いの強さがある。」といった表現が一般的です。

続いて、2つ目は「2つの物の高さが異なること。」という意味になります。

使い方としては「段違いの棚」といった表現が一般的です。

読み方は「だんちがい」となります。

また、この「段違い」という言葉は「だんち」と略されます。

「だんちの実力」や「だんちの棚」といった使い方をします。

略す場合には、比較的カジュアルな場面で使用されます。

段違いの使い方・例文

  1. 水泳の世界大会では、体格が良くリーチも長い選手が段違いの実力を見せていた。
  2. 段違いの力を持っている将棋の名人は、私生活でも名人と呼ばれている。
  3. リビングには、段違いの棚を置いておしゃれに仕上げてみましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ