「悟り」とは?意味や使い方を解説します!

「悟り」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「悟り」について解説します。

目次

  1. 悟り
  2. 悟りの意味とは
  3. 悟りの英語
  4. 悟りの使い方・例文

悟り

悟り」という言葉の意味や英語での表現、使い方について解説します。

読み方は「さとり」です。

この「悟り」という言葉は、仏語からきており、大きく分けて2つの意味があります。

よく「悟りが早い」や「悟りの境地に達する。」、「悟りを開く。」といった使い方をします。

物事の本当の意味を知ることや、迷妄を払い去って生死を超えた永遠の真理を会得すること。といった意味を持つ言葉です。

少し難しい言葉であるため、この機会にしっかりと理解していきましょう。

今回は、そんな「悟り」について詳しく解説します。

悟りの意味とは

>

悟り(さとり)という言葉には、大きく分けて2つの意味があります。

まず、1つ目は「物事の本当の意味を知ること。理解。また、察知。感づくこと。」という意味になります。

使い方としては「悟りが早い。」といった表現が一般的です。

続いて2つ目は「仏語。迷妄を払い去り、生死を超越した永遠の真理を会得すること。」という意味になります。

使い方としては「悟りの境地に達する。」や「悟りを開く。」といった表現が一般的です。

また、この悟りという言葉は「覚・悟・覚悟・証・証得・証悟・菩薩」とも言います。

仏教においては、涅槃や解脱とも同義されます。

このように、さまざまな意味があるため深く理解しておきましょう。

悟りの英語

悟りを英語に訳すと「Enlightenment」となります。
 

悟りの使い方・例文

  1. 彼はまだ20代だというのに、悟りを境地を開いたような落ち着きようである。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ