「冗談半分」とは?意味や使い方を解説します!

「冗談半分」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「冗談半分」について解説します。

目次

  1. 冗談半分
  2. 冗談半分の意味とは
  3. 冗談半分の使い方・例文

冗談半分

冗談半分」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「冗談半分」という言葉は、一般的に使用されるため耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

「伝えにくいことなどを冗談交じりに話すこと。」といった意味を持つ言葉です。

よく「冗談半分で言ったつもりが相手が激高してしまった。」といった使い方をします。

また「冗談めかす」や「半分冗談」といった表現もあります。

今回は、このように似たような表現が多い「冗談半分」について詳しく解説します。

この機会にしっかりと理解していきましょう。

冗談半分の意味とは

>

冗談半分とは「真面目な内容とふざけている内容が半分半分であること。話す言葉に本心と冗談が入り混じっていること。伝えにくいことなどを冗談交じりに話すこと。」という意味を持つ言葉です。
 

使い方としては「冗談半分で言ったつもりが相手を怒らせてしまった。」といった表現が一般的です。

また、似た言葉に「冗談めかす」があります。

冗談めかすとは「あたかも冗談であるかのように見せる様子。冗談っぽく言うさま」という意味を持つ言葉です。

この「冗談めかす」の「めかす」は、それらしく装うさまという意味を持つ言葉になります。

また「半分冗談」といった表現もありますが、こちらは読んで字のごとく「半分は冗談の意味で言っているが、もう半分は本気で言っている」といった意味合い使用します。

冗談半分の使い方・例文

  1. 冗談半分のつもりで、彼女に可愛くないと言ったら号泣してしまい平謝りした。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ