「キャッチコピー」とは?意味や使い方を解説します!

「キャッチコピー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「キャッチコピー」について解説します。

目次

  1. キャッチコピー
  2. キャッチコピーの意味とは
  3. キャッチコピーの使い方・例文

キャッチコピー

皆さんは「キャッチコピー」という言葉をご存知でしょうか。

様々な広告に踊っている言葉。
消費者を引き付ける力を持ったその言葉こそ「キャッチコピー」なのです。

キャッチコピーの意味とは

>

キャッチコピーとは「商品や作品など、何らかの宣伝や告知に用いられるうたい文句や煽り文句」という意味です。

広告や宣伝の効果によって商品の売り上げやイベントの集客が左右されるので、秀逸なキャッチコピーで人を引き付けられるかどうかということは重要です。

では、秀逸なキャッチコピーとはどういうものでしょうか。
名作と呼ばれているキャッチコピーの多くは、基本的に短い言葉または文章であることが多く、見聞きした人の印象に強く残るものです。
また、独自性も重要です。競合相手と混同されてしまっては意味がありません。

たとえば、有名企業のウェブサイトを開くと、一番に目に飛び込んでくるのはその企業のキャッチコピーであることが多いです。
誰でも見聞きしたことがあって、この企業と言えばこの言葉と刷り込まれているでしょう。
コマーシャルなどで繰り返し触れるうちに脳に覚え込まされているのですが、短く端的に、かつ独創的で印象に残るフレーズでなければこの効果は得られないのです。

逆に、短く端的であるがゆえに誤解を招いたりして炎上してしまう、という失敗もはらんでいるのがキャッチコピーの難しい点です。
昨今ではSNSの発達によって悪い感情がすぐさま広がってしまうため、キャッチコピーを考えるときは細心の注意で熟考を重ねるべきでしょう。

キャッチコピーの使い方・例文

  1. 新商品のキャッチコピーは、女性の心をつかむものになるようお願いしたい。
  2. 名作と言われるキャッチコピーを学ぶことで、見えてくるものがあるはずだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ