「スタートアップ」とは?意味や使い方を解説します!

「スタートアップ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「スタートアップ」について解説します。

目次

  1. スタートアップ
  2. スタートアップの意味とは
  3. スタートアップの使い方・例文

スタートアップ

スタートアップ」という言葉について解説します。

みなさんはニュースやWEBメディア、ビジネスシーンなどでこの「スタートアップ」という言葉を見聞きしたことはないでしょうか。

昨今、この言葉は使われる頻度が高くなってきており、徐々に浸透してきているカタカナ語と言えるでしょう。

遠くない将来には、当たり前のように使われる言葉となっているかもしれません。

さて、そんな「スタートアップ」という言葉ですが、意味や使い方はご存知でしょうか。

ここでは、スタートアップという言葉について詳しく紹介していきますので、ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと整理・理解してみてください。

スタートアップの意味とは

>

スタートアップ(startup)という英単語には「行動開始の・操業開始の」という意味がありますが、日本のビジネスの場で使われる場合には「立ち上げ」起業」といった意味で使われている言葉となっています。

もう少し詳しく説明すると「新しい市場やビジネスモデルにチャレンジする革新的な企業」を指して使われています。

似た言葉に「ベンチャー企業」という言葉がありますが、ベンチャー企業は「新しいサービスを提供する中小規模の新興企業」という意味で使われている和製英語なので、立ち上げ、起業といった意味のスタートアップとは意味合いで違いがあります。

スタートアップの使い方・例文

  • 知り合いに誘われて、スタートアップでシステムエンジニアをすることになった。
  • スタートアップは開拓者の側面があるので、仕事にはスピードが求められる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ