「ベンチャー企業」とは?意味や使い方を解説します!

「ベンチャー企業」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ベンチャー企業」について解説します。

目次

  1. ベンチャー企業
  2. ベンチャー企業の意味とは
  3. ベンチャー企業の使い方・例文

ベンチャー企業

ベンチャー企業」という言葉について解説します。

ニュースやWEBメディアやビジネスの場など様々なところで、みなさんも一度はこの「ベンチャー企業」という言葉は見聞きしたことがあると思います。

2000年代頃から急速に使われ始め、現在では当たり前のように使われているベンチャー企業という言葉ですが、みなさんはこの言葉の意味や定義をご存知でしょうか。

あっという間に浸透した言葉なので、この言葉を雰囲気で把握して使っているという方は少なくないかもしれません。

ここではそんなベンチャー企業という言葉の意味や使い方などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと整理・理解してみてください。

ベンチャー企業の意味とは

>

ベンチャー企業とは「新技術・新事業を開発し、事業として発足させた中小企業」という意味のビジネス用語となっています。

ventureという英単語の意味には「冒険的な企て」という意味があるので、新しいことに挑戦し始めた企業のことを「ベンチャー企業」と呼ぶようなったと言われています。

どういう会社がベンチャー企業なのかというハッキリとした定義はありませんが、「比較的新しい成長過程にある会社」「ベンチャーキャピタルなどの投資機関から資金援助を受けている会社」「ベンチャー指定を受けている会社」などをまとめてベンチャー企業と呼ぶようです。

ベンチャー企業の使い方・例文

  • 新しい技術やサービスを提供する会社がベンチャー企業なので、そこで働く人は向上心が強い人が多いかもしれない。
  • 大企業のような安定はないが、ビジネスの最先端にいるという喜びがベンチャー企業にはある気がする。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ