「タスク」とは?意味や使い方を解説します!

「タスク」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「タスク」について解説します。

目次

  1. タスク
  2. タスク(task)の意味とは
  3. タスクの使い方・例文

タスク

タスク」という言葉について解説します。

タスクとだけ聞いてもピンとこないという人は多いかもしれませんが、「タスク管理」「タスクフォーカス」という言葉なら見聞きしたことがあるという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

日常会話などではあまり使われることはないかもしれませんが、ビジネスシーンでは今や当然のように使われることが多くなってきた感があり、今後はますます一般化していくことが予想されます。

ここでは、そんな広まりつつある「タスク」という言葉の意味や使い方を紹介していきます。

気づいた時には今さら人に聞けない言葉になっていた。なんてこともあるかもしれないので、ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと整理・理解してみてください。

タスク(task)の意味とは

>

タスク(task)とは「課せられた仕事・職務・作業」「コンピューターで処理される仕事の単位」という意味の言葉となっています。

例えば、祝賀パーティーを開催するというジョブがあった場合に、日程や会場を決めること、招待客のリスト作り、プログラムの決定など色々な作業が必要ですが、この一つ一つの作業のことを「タスク」と言います。

なので、「タスク管理」といった場合は、「やらなければいけないことを管理する」という意味になります。

そして「タスクフォーカス」といった場合は、「目の前のタスク(やるべき作業)、短期的な目標に集中すること」という意味で使われています。

混同しがちな言葉に「課題」という言葉があります。タスク管理・課題管理と言うと、どちらもほぼ同じ意味にも思えますが、課題は「解決すべきこと」という意味なので、意味合いが変わってきます。

この点も押さえておくといいのではないでしょうか。

タスクの使い方・例文

  • 仕事を始める前に、今日一日でやるべきタスクの整理をすることは大切だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ