「インナーマッスル」とは?意味や使い方を解説します!

「インナーマッスル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「インナーマッスル」について解説します。

目次

  1. インナーマッスル
  2. インナーマッスルの意味とは
  3. インナーマッスルの使い方・例文

インナーマッスル

インナーマッスル」という言葉をご存知でしょうか。

意味を知らなくても、「マッスル」という言葉から筋肉に関係するというのは想像がつくかもしれませんが、具体的にどんな筋肉のことを指すのかまでは分かりかねますよね。
また意味を知っている方の中にも、「体幹(たいかん)」との違いや関係性について気になっている方も少なくないのではないでしょうか。

ここではそんな「インナーマッスル」について詳しくご紹介していきます。

インナーマッスルの意味とは

>

インナーマッスルとは、「深層筋」のことを意味します。

体の外側にある外層筋のことを「アウターマッスル」と呼ぶのに対し、「インナーマッスル」は身体の奥にある筋肉のことを指し、より深い層にあることから、日本語では「深層筋」と呼ばれます。
外層筋を鍛えると身体が外側に大きくなりますが、インナーマッスルを鍛えても身体の深いところが太くなるだけなので、見た目に大きな変化がないことから、ダイエットや体型維持の一つとして注目されるようになりました。

混同されがちな「体幹(たいかん)」は、手足を除いた身体の同体のことを指す言葉で、身体の中心を意識することで、バランス感覚を鍛える

インナーマッスルの使い方・例文

  1. 相手チームは全員ひょろひょろの見た目で楽勝だと思ったら、インナーマッスルが鍛えられていて、鍛え方が足りないこちらが逆に吹き飛ばされてしまった。
  2. 鍛え方を間違えると、インナーマッスルではなくアウターマッスルを鍛えてしまい、身体が重くなってしまうだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ