「音痴」とは?意味や使い方を解説します!

「音痴」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「音痴」について解説します。

目次

  1. 音痴
  2. 音痴の意味とは
  3. 音痴の使い方・例文

音痴

音痴」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「音痴」という言葉には、さまざまな意味がありますが、皆さんはご存じでしょうか。

読み方は「おんち」となります。

主な意味は「音感が鈍く、正しい音程で歌うことができないこと。また、そういう人。」となります。

これが転じて、さまざまな感覚が鈍い人に対しても使用します。

例えば「方向音痴」や「味覚音痴」といった表現の中でも使われます。

今回は、そんな幅広い意味がある「音痴」について詳しく解説します。

この機会に深く知っていきましょう。

音痴の意味とは

>

「音痴」という言葉には、大きく分けて2つの意味があります。

まず、1つ目の意味は「音感が鈍く、正しい音程で歌えないこと。また、そういう人。」となります。

使い方としては「彼は音痴だと自覚しているので、人とカラオケに行かない。」といった表現が一般的です。

次に、2つ目の意味は「自分の能力や、他人の思惑などに関係なく、それに惹かれて熱中する状態。また、その人。」となります。

使い方としては「寮歌音痴」といった表現が一般的です。

続いて、3つ目の意味は「特定の感覚が鈍いこと。」となります。

使い方としては「方向音痴」や「味覚音痴」といった表現が一般的です。

読み方は「おんち」となります。

音痴の使い方・例文

  1. 彼は、音痴を直すことを目標にボイストレーニングに通っているらしい。
  2. 味覚音痴や方向音痴は、どうやったら直すことができるのだろうか。
  3. 音痴な人をからかってはいけない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ