「牙城」とは?意味や使い方を解説します!

「牙城」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「牙城」について解説します。

目次

  1. 牙城
  2. 牙城の意味とは
  3. 牙城の使い方・例文

牙城

牙城」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「牙城」という言葉は「牙城を崩す」という表現の中でよく用いられます。

読み方は「がじょう」です。

少し難しい言い回しですが、皆さんはご存じでしょうか。

また、似た言い回しに「本丸を落とす」や「要衝をたたく」があります。

牙城とは、城の中で主将がいるところや組織や勢力の中心となるところ。本拠地といった意味を持ちます。

今回は、そんな「牙城」について詳しく解説します。

この機会に「牙城」について深く知っていきましょう。

 

牙城の意味とは

>

牙城という言葉は、大きく分けて2つの意味があります。

まず、1つ目は「城の中で主将がいるところ。本丸。」という意味になります。

使い方としては「的がある牙城を攻める。」といった表現が一般的です。

続いて、2つ目は「組織や勢力の中心となるところ。本拠地。」という意味になります。

使い方としては「保守の牙城」といった表現が一般的です。

読み方は「がじょう」となります。

また、この牙城という言葉は「牙城を崩す」という表現の中でよく使用されます。

牙城を崩すとは、大きな組織や勢力の中枢を崩すことを意味します。

また、牙城を崩すと同じ意味合いの表現には「本丸を落とす」や「要衝をたたく」があります。

合わせて覚えておくと良いでしょう。

牙城の使い方・例文

  1. ライバル会社の牙城を崩すつもりで、今回のプロジェクトには挑んでもらいたい。
  2. とうとう大勢の被害者を出した巨大詐欺会社の牙城は崩された。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ