「機構」とは?意味や使い方を解説します!

「機構」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「機構」について解説します。

目次

  1. 機構
  2. 機構の意味とは
  3. 機構の使い方・例文

機構

機構」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「機構」という言葉は、新聞やニュース、雑誌などでよく見かけるため目にしたことがある方が多いかと思います。

読み方は「きこう」です。

よく「公共広告機構のCMが流れる」や「機構改革を実施する」といった使い方をします。

意味が2つあるため使い方には注意したいところです。

機械などの色々な部分が互いに関連して働く仕組みや、会社や団体などの組織、その組織における仕組みといった意味を持ちます。

今回は、そんな「機構」について、英語に訳した場合の意味や類語なども詳しく解説します。

この機会に、機構について深く知っていきましょう。

機構の意味とは

機構という言葉の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目は「機械などの色々な部分が互いに関連して働く仕組み。機械の内部構造。メカニズム。」という意味になります。

次に、2つ目は「会社や団体などの組織。また、その組織における仕組み。」という意味になります。

一般的に、この2つ目の意味で使用される場合が多くあります。

使い方としては「公共広告機構」や「機構改革を実施する。」といった表現が一般的です。

読み方は「きこう」となります。

また、この機構という言葉は、英語で「mechanism」と訳します。

加えて、機構には以下のような類語があります。

・メカニクス
・メカ
・仕掛け
・からくり
・仕掛
・メカニズム
・絡操
・機序
・期間
・メカニックス

>

機構の使い方・例文

  1. 今回の震災により、テレビCMが自粛されることになり公共広告機構のCMに切り替わった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ