「水準」とは?意味や使い方を解説します!

「水準」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「水準」について解説します。

目次

  1. 水準
  2. 水準の意味とは
  3. 水準の英語
  4. 水準の使い方・例文

水準

水準」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「水準」という言葉は、日常生活やビジネスの場でも使用するため耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

読み方は「すいじゅん」となります。

よく「生活水準」や「水準に差がある。」といった使い方をします。

また、似た言葉に「基準」があります。

今回は、基準と水準の違いについても解説するので、この機会にしっかり理解していきましょう。

水準の意味とは

水準という言葉の意味は大きく分けて3つあります。

まず、1つ目は「物事の一定の標準。また、価値や能力などを定める際に標準となる程度。レベル。」という意味になります。

使い方としては「先進技術が水準に達した。」や「生活水準が低い。」といった表現が一般的です。

次に、2つ目は「土地や建物などの高低、水平などの度合いを測ること。また、その道具、水盛。」という意味になります。

使い方としては「水準に差がある。」といった表現が一般的です。

3つ目は「線路の曲線部における左右のレールの高低差。」という意味になります。

この3つ目の意味で使用する際には、カントとも言います。


読み方は「すいじゅん」となります。

また、水準と似た言葉に「基準」がありますが、この違いはどこにあるでしょうか。

基準は「建築基準」や「設置基準」といったように、満たさなければいけないものが含まれている場合に使用します。

水準は、そういった条件を含まないため、そこに違いがあります。

>

水準の英語

水準は英語に訳すと「level」となります。

水準の使い方・例文

  1. 生活水準が低い家庭だからといって子どもの成績が悪いとは限らない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ