「放埒」とは?意味や使い方を解説します!

「放埒」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「放埒」について解説します。

目次

  1. 放埒
  2. 放埒の意味とは
  3. 放埓の類語
  4. 放埒の使い方・例文

放埒

放埓」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「ほうらつ」となります。

この放埓という言葉は、少し難しい言い回しであるためあまり耳馴染みのない方も多いかもしれません。

勝手に、気ままに振る舞うことや道理から外れていることといった意味を持つ言葉です。

よく「彼の放埓な振る舞いには、周りも辟易としている。」や「放埓な態度は良くない。」といった使い方をします。

今回は、そんな少し難しい言葉の「放埓」について詳しく解説します。

この機会に放埓について、深く知っていきましょう。

放埒の意味とは

放埓という言葉の意味は、大きく分けて2つあります。

まず、1つ目は「勝手に、気ままに振る舞うこと。生活やおこないがだらしないこと。また、その様子。」という意味になります。

使い方としては「彼の放埓な振る舞いには周りも辟易している。」や「放埓な行動は信頼を失う。」といった表現が一般的です。

続いて、2つ目の意味は「道理から外れていること。法から外れていること。また、その様子。」という意味になります。

使い方としては「放埓なことを平気でする人とは関わらないほうがいい。」といった表現が一般的です。

また、この放埓という言葉の読み方は「ほうらつ」となります。

>

放埓の類語

放埓という言葉の類語には以下のような言葉があります。

  • 放縦
  • 勝手気まま
  • 束縛されない
  • 野放図
  • 傍若無人
  • やりたい放題
  • カオス
「規律がない」や「規律が守られていない」といった意味で使用する場合の類語です。

放埒の使い方・例文

  • 彼の放埓な行動には、上司も部下も手を焼いている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ