「寵児」とは?意味や使い方を解説します!

「寵児」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「寵児」について解説します。

目次

  1. 寵児
  2. 寵児の意味とは
  3. 寵児の使い方・例文

寵児

皆さんは「寵児(ちょうじ)」という言葉をご存知でしょうか。

漢字が難しく、読み方も分からないという方もいるかもしれませんね。
使う場面もあまり多くはありませんが、著名人を表す言葉として耳にしたことがあるのではないでしょうか?

今回は「寵児」という言葉について詳しく解説します。

寵児の意味とは

>

寵児とは「特別にかわいがられている子供」という意味であり、そこから派生して「時代の波に乗ってもてはやされる人」という意味でもあります。
読み方は「ちょうじ」です。

「寵」という漢字は、訓読みでは「めぐ・む」と読みます。
意味は「めぐむ。かわいがる。いつくしむ。」「非常に気に入られる」「とうとい」となっており、「寵児」とは「かわいがられた子供」という意味になります。
漢字の由来としては「龍神を祀った尊い家」を表した文字であり、そこから「大切にする」という意味になったようです。
他の熟語としては「寵愛(ちょうあい)」「恩寵(おんちょう)」「天寵(てんちょう)」などがあります。

「寵児」は、現在では二つ目の意味で使われることが多いようです。
「時代の寵児」「サッカー界の寵児」などのように使われ、ある世界で実力を評価されもてはやされている人を表す言葉としてよく使われています。
「寵」という漢字が神に関する由来を持つことから、生半可な人ではない、神に愛されるほどの運と実力を持った人物のみを表す言葉となっています。

寵児の使い方・例文

  1. 時代の寵児としてもてはやされた人にインタビューすることができた。
  2. 今回縁故入社してきたのは、社長の寵児ともいえる人らしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ