「寵愛」とは?意味や使い方を解説します!

「寵愛」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「寵愛」について解説します。

目次

  1. 寵愛
  2. 寵愛の意味とは
  3. 寵愛の使い方・例文

寵愛

皆さんは「寵愛(ちょうあい)」という言葉をご存知でしょうか。

「寵」という漢字が難しく、日常生活でもあまり使わない言葉なので、読み方や意味が分からない人は少なくないかもしれませんね。

今回は「寵愛」という言葉について詳しく解説します。

寵愛の意味とは

>

寵愛とは「特別に大切にしてかわいがること。特に、目上の人間が目下の人間をかわいがること」という意味です。
読み方は「ちょうあい」です。

「寵」という漢字は「龍神を祀るとうとい家」が由来であり、「めぐむ。かわいがる。いつくしむ。」「非常に気に入られる」「とうとい」という意味です。
訓読みの読み方は「めぐ・む」です。

似た意味の言葉に「鍾愛(しょうあい)」があります。
意味は「特別にかわいがること」となっています。
「鍾」という漢字は「(楽器の)かね、つりがね」という意味で使われることが多いですが、第一の意味は「集める、集まる」です。
一つの対象が、愛を一身に集める様子を表したのが「鍾愛」でしょうか。

「寵愛」と「鍾愛」の違いは何かということについてですが、「鍾愛」は人と物の両方に対して使うことができるようです。
「寵愛」は人間に対してしか使用例がないようなので、その点が違いだと言えるでしょう。

また、「鍾愛」の方が「寵愛」よりも使用頻度が少なく、現在ではほとんど見ることができないようです。
「鍾」という漢字自体の意味があまり認知されていないのが、原因の一つではないかと思われます。

寵愛の使い方・例文

  1. 歴史上の人物で、王の寵愛を受けた人について調べている。
  2. 曾祖母は、数多いひ孫の中でも、私の姉を特別に寵愛した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ