「不和」とは?意味や使い方を解説!

「不和」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「不和」について解説します。

目次

  1. 不和
  2. 不和の意味とは
  3. 不和を使った文章・例文

不和

皆さんは「不和」という言葉をご存知でしょうか。

漢字を見れば、大体の意味は分かるでしょう。
しかし、似たような言葉は多くあります。それらとの使い分けをどうすればいいのか、説明できるでしょうか?

不和の意味とは

不和とは「仲が悪いこと。気持ちに行き違いが生じること。仲たがい。」という意味です。
読み方は「ふわ」です。

「和」という漢字は、第一の意味は「おだやか。やわらぐ。」で、第二の意味が「仲良くする。争わない。」です。
「仲良くない」ので「不和」です。

類語に「不仲」「反目」「確執」などがあります。

「不仲(ふなか)」の意味は「仲が良くないこと」で、「不和」とほぼ同じ意味です。
違いは使うことのできる対象の種類で、「不仲」は個人と個人の関係に対してのみ使うことができます。
一方、「不和」は個人と個人、団体と団体、国家と国家など、広い対象に使うことができる言葉です。

「反目(はんもく)」は「仲が悪いのが原因でにらみ合うこと」という意味です。
「不和」や「不仲」は何となくギスギスしていたり、お互いに避けていたりなど、表すことができる状態は幅広いです。
しかし「反目」は「にらみ合う」状態という部分に焦点が当たっているという特徴があります。

「確執(かくしつ)」は「自分の意見を強く主張して譲らないこと。また、そこから仲たがいが起こること」という意味です。
この言葉は仲たがいそのものよりも、その原因となる主張のぶつかり合いに焦点を当てた言葉だと言えます。

>

不和を使った文章・例文

  1. 友人同士の不和の板挟みにされて辛い。
  2. 二国間の不和を解消するのは大変難しい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ