「会合」とは?意味や使い方を解説します!

「会合」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「会合」について解説します。

目次

  1. 会合
  2. 会合(読み方・かいごう)の意味とは
  3. 会合の使い方・例文

会合

会合」という言葉について解説します。

普段の生活の中でも、ビジネスの場でも場面を問わず出てくる言葉の一つだと思いますので、みなさんも見聞きしたこと、使ったことがあるのではないでしょうか。

意味や使い方をいちいち意識して使うような言葉でもないので、会合とは?といったことは考えたことがないかもしれませんので、ここで一度この会合という言葉についてきちんと紹介していきたいと思います。

改めてきちんと整理・把握して正しく使えるように、ぜひ最後までご覧になってみてください。

会合(読み方・かいごう)の意味とは

>

会合(読み方・かいごう)とは

  1. 相談、討議などのために人が寄り集まること。また、その集まり。寄り合い。
  2. 同種のイオン、または分子が集まって、水素結合や分子間力などの比較的弱い結びつきにより、一つのイオン、または分子のように動くこと
といった意味を持つ言葉となっています。

普通に生活している中で使う会合の意味は、ほぼ100パーセント1番の相談のために集まることだと言ってもいいでしょう。

2番の意味は学術的な用語なので、一般的には知られていないのではないでしょうか。

意味としては相談や討議のために。とありますが、現代では人が集まることをざっくりと会合するというように使うことも多いようです。

会合の使い方・例文

  • 昭和の頃は、町内の結びつきが強かったせいか、ことあるごとに会合と称しては大人たちが飲み会を開いていた記憶がある。
  • 合コンのことを妻には会合と言い張っていたのだが、その嘘がついにバレてしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ