「放課後」とは?意味や使い方を解説します!

「放課後」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「放課後」について解説します。

目次

  1. 放課後
  2. 放課後(ほうかご)の意味とは
  3. 放課後の使い方・例文

放課後

放課後」という言葉について解説します。

この言葉を聞いたことがないという方はいないと思いますし、意味を知らないといった方もいないと思います。

それどころか、放課後と聞けば色々な思い出が蘇ってくるという方は多いのではないでしょうか。

少なくとも小学校と中学校の9年間は付き合ってきた言葉だと思いますので、今さら紹介するものではないかもしれませんが、改めて放課後という言葉についておさらいしてみてはいかがでしょうか。

ぜひ最後までご覧いただき、再確認していただければと思います。

放課後(ほうかご)の意味とは

>

放課後(読み方・ほうかご)とは「学校でその日の授業(課業)が終わったあと」という意味の言葉となっています。

割り当てられた学課から放たれた(放課)後=終わった後なので、放課後ということになります。

放課後は遊ぶ時間だった人、部活の時間だった人、習い事の時間だった人など人それぞれだったと思いますが、放課後という言葉には思い出が滲むのではないでしょうか。

ちなみに、放課後は学校が終わった後ですが、会社バージョンに言い換えると、「退社後」「業務後」「アフター5」といった感じに言い換えられるのではないでしょうか。

いずれにせよ、会社バージョンの言葉は、放課後が持つ甘酸っぱさには勝てないかもしれませんね。

放課後の使い方・例文

  • 放課後、遊んでばかりいずにもっと勉強しておけば…と後悔している大人はとても多いのかもしれない。
  • 放課後、駄菓子屋に寄って友達と買い食いするのがとても楽しかった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ