「彗星」とは?意味や使い方を解説します!

「彗星」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「彗星」について解説します。

目次

  1. 彗星
  2. 彗星(すいせい)の意味とは
  3. 彗星の使い方・例文

彗星

彗星」という言葉について解説します。

彗星と言えば、一般的に知られていて有名なのはハレー彗星だと思います。

他にも2019年には巨大彗星が地球の近くを通り過ぎていたということがニュースにもなりました。

このように、宇宙に興味が薄い人でも普通に使っている彗星という言葉ですが、彗星とは何なのか?ということまではご存知ないかもしれません。

ここでは、そんな彗星について、どういったものなのか、また英語ではなんと言うのかなどを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、彗星について理解・整理してみてください。

彗星(すいせい)の意味とは

>

彗星(読み方・すいせい)とは「太陽系の天体の一種。ガス体の尾をひいてほうき星に見える。軌道は太陽を焦点とする楕円・放物線・双曲線」という意味の言葉となります。

歌の歌詞などにたびたび出てくるほうき星が、いわゆる彗星のことだというのが分かると思います。ガスやチリを放出しながら進んでいるので、その姿がほうきのように見えるので彗星は、ほうき星と呼ばれています。

地球も太陽が中心の軌道で回る惑星ですが、彗星も太陽を焦点にして回っている天体でなので、ニュースになるほど近くを通過するということが起きるようです。

ちなみに英語で彗星は「comet(コメット)」と言います。cometは彗星を指していて、流星や隕石はmeteor(メテオ)と別の言い方になるので、こちらも併せて覚えておいてみてはいかがでしょうか。

彗星の使い方・例文

  • 彗星は大小限らず、色々な惑星に衝突していて、地球にも落ちたことがある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ