「早急」とは?意味や使い方を解説!

「早急」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「早急」について解説します。

目次

  1. 早急
  2. 早急の意味とは
  3. 早急を使った文章・例文

早急

早急」という言葉について解説します。

日常生活や会社などでしばしば登場する言葉だと思うので、みなさんも見聞きしたことがあると思いますが、この早急には二通りの読み方があり、皆さんはどちらで普段読んでいるでしょうか。

ここでは、早急について、意味や使い方はもちろんのこと、読み方によって使い方は異なるのかといった点や、類語なども紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、この言葉についてきちんと理解・整理してみてください。



 

早急の意味とは

早急(さっきゅう・そうきゅう)とは「非常に急ぐこと、その様子」という意味の言葉となっています。

読み方が「さっきゅう」と「そうきゅう」の二通りありますが、どちらを使っても間違いではありません。また、こういう時はどちらの読み方をするという使い分けもありませんが、テレビなどのメディアでは「さっきゅう」の方が主に使われているようです。

とはいえ、急いでいることさえ伝われば、どちらを使っても良いというのが一般的な感覚かもしれません。

>

早急の類語

早急の類語や言い換えを紹介します。

  • 即刻
  • 直ちに
  • 直ぐさま
  • 速やか
  • 大急ぎ
  • 至急・大至急
  • 迅速
  • 取り急ぎ
などが挙げられます。

早急という言葉は、ビジネスの場でもよく使う言葉なので、こういった類語、言い換えを併せて覚えておくと言い回しの使い勝手が良くなるのではないでしょうか。

早急を使った文章・例文

  • 台風や大雨などの自然災害では事前の避難もそうだが、早急に対処していくことも重要である。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ