「熟練」とは?意味や使い方を解説します!

「熟練」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「熟練」について解説します。

目次

  1. 熟練
  2. 熟練の意味とは
  3. 熟練の使い方・例文

熟練

熟練(じゅくれん)」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

「熟練の技」や「熟練の部隊」、「高い熟練度」などのように、日常生活でも見聞きする機会の多い言葉ですが、みなさんはこの言葉の意味を正しく理解できているでしょうか。
ビジネスマンや職人でなくても覚えておきたい言葉のため、この機会に是非意味を理解しておきましょう。

ここではそんな「熟練」について、意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

熟練の意味とは

>

熟練(じゅくれん)とは、「とても慣れていること」という意味になります。

「熟」は十分に整うことの他、数をこなすことも意味し、「練」は繰り返し手をかけて良いものにすることを意味することから、ある物事に対して非常に慣れていることや、上手にこなせることを指す言葉になります。

類語には「熟達(じゅくたつ)」や「堪能(たんのう)」、「習熟(しゅうじゅく)」や「円熟(えんじゅく)」などが挙げられ、いずれもあることについて非常に慣れていることや、磨き上げられた技術を持っていることを意味します。

熟練の使い方・例文

  1. 若手の選手に対し、対戦相手のベテラン選手が次々と熟練の技を見せつけていた。
  2. この三年でだいぶ絵が上手くなったが、熟練の域に達するのはまだまだ先のようだ。
  3. 月に一度のスーパーセールの際は、必ず熟練のスタッフを総動員することになっている。
  4. 同じ高校生なのに、一つ一つのプレーの熟練度が全く違うことから、相手がどれだけ練習してきたかを実感させられる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ