「安全マージン」とは?意味や使い方を解説!

「安全マージン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「安全マージン」について解説します。

目次

  1. 安全マージン
  2. 安全マージンの意味とは
  3. 安全マージンを使った文章・例文

安全マージン

安全マージン」という言葉をご存知でしょうか。

日常生活やにビジネスシーンにも深く関わりのある言葉ですが、この言葉自体にあまり馴染みがないという方も多いのではないでしょうか。
よりより生活や成功を収めるために、すべての人が覚えておくべき言葉ともいえるため、この機会に是非意味を理解しておきましょう。

ここではそんな「安全マージン」について、意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

安全マージンの意味とは

安全マージンとは、「安全を確保するための余裕や、ゆとり」のことを意味します。

マージン(margin)とは、余裕や余白、ゆとりを意味する英語で、車の走行中に速度を上げ過ぎないことや、前の車との車間距離を空けることなどに代表されるように、安全性を上げるための行いを広く指す言葉になります。

主に車やバイク、電車などの安全性やドライバーの心構えをビジネスシーンでも頻繁に用いられ、資産運用の際に生活に支障をきたさない程度の金額を用いるなど、ゆとりや安全性を確保するための行いを意味します。

>

安全マージンを使った文章・例文

  1. 十分な安全マージンを持って走ることができない運転手は、安全性の観点から免許を取れないようにするべきだ。
  2. 安全マージンが向上した新しいマシンのおかげで、よりドライブを楽しむことができている。
  3. できるだけの安全マージンを見込んで企画を進めてきたつもりが、日程的にかなり危険なところまで来てしまった。
  4. 資産を守るための安全マージンを無視して、夢のために全ての財産をつぎ込んだ資産家がいる。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ