「リスク分散」とは?意味や使い方を解説!

「リスク分散」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「リスク分散」について解説します。

目次

  1. リスク分散
  2. リスク分散の意味とは
  3. リスク分散を使った文章・例文

リスク分散

リスク分散」という言葉の意味をご存知でしょうか。

「リスク」を「分散させる」ことだというのは文字から理解できても、具体的にどういうことを行うのが「リスク分散」となるのか、分からないという方も多いのではないでしょうか。
ビジネスシーンはもちろん、日常生活を送る上でも非常に重要な言葉のため、この機会に是非意味を理解しておきましょう。

ここではそんな「リスク分散」について、意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

リスク分散の意味とは

リスク分散とは、資産運用の基本の一つで、「資金を様々な金融商品に分けて投資すること」を指します。

投資する際に、一つの金融商品に全額をつぎ込むのではなく、様々な商品に分けて融資することを意味し、資産運用の基本の一つになります。

そこから転じて、企画や運営などを進める上でも、より失敗や損害を出す危険性を軽減するための思考や手法指す言葉として認知されており、ビジネスに限らず、防犯や災害対策といった危機管理を広く指す言葉としても用いられています。
このため、「投資リスクを分散」や「事業リスクの分散」、「災害リスク分散」など、様々な言葉を付属して用いられています。

>

リスク分散を使った文章・例文

  1. 絶賛買いだと大盛り上がりを見せている市場だが、リスク分散の基本通り、冷静に投資することにした。
  2. 大損したのは運が悪かったからだと言っているが、一手に融資してリスク分散を怠った彼の危機管理意識の低さが悪い。
  3. 数か所に分けて蓄電しておくことによって停電の被害を軽減し、災害リスクを分散させることができる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ