「ユニバーサルメルカトル図法」とは?意味や使い方を解説!

「ユニバーサルメルカトル図法」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ユニバーサルメルカトル図法」について解説します。

目次

  1. ユニバーサルメルカトル図法
  2. ユニバーサルメルカトル図法の意味とは
  3. ユニバーサルメルカトル図法を使った文章・例文

ユニバーサルメルカトル図法

ユニバーサルメルカトル図法」というネットスラングについて解説します。

みなさんはこの「ユニバーサルメルカトル図法」という言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

あまりネットをしない人でピンと来た人は、おそらくそれは「ユニバーサルメルカトル図法」だと思われます。

このユニバーサルメルカトル図法は、世界的に知られている地図の投影法のことで、ここで紹介する「ユニバーサルメルカトル図法」とは全くの別物となっています。

では、ユニバースメルカトル図法とは一体どのようなものなのでしょうか。

ここではこのユニバーサルメルカトル図法という言葉について、詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、この二つの違いを含めて整理・理解してみてください。

ユニバーサルメルカトル図法の意味とは

>

ユニバーサルメルカトル図法とは「あらゆる謎を解くことができる理論というニュアンスで使われる架空の図法」となっています。

ネットでは「ユニバーサルメルカトル図法は、初歩的な複合理論であり、この世の全ての謎を解くカギであり、未だ解明されていない人類の謎である」などと言われていますが、とにかく架空の図法です。

使い方としてはネット掲示板で難しいクイズや問題が出された時に「ここでユニバーサルメルカトル図法を用いれば…」といった感じで使われています。

この言葉は、嘘を嘘のまま楽しむための言葉と言えるかもしれません。

ユニバーサルメルカトル図法の元ネタ

この言葉の元ネタは2009年、ネット掲示板2ちゃんねるのニュース速報版に立てられた「googleが天才を探しているらしい」というスレッドにおける書き込みからきています。

この暗号を解けばGoogleに入社できるという問題をみんなで解こうという趣旨のスレッドでしたが、誰も解けずに苦戦していたところ、「ユニバーサルメルカトル図法を使って解いた」という人が現れ、スレッドは大盛り上がりになりました。

ところが後日、これが嘘だったことが判明、スレ住人が盛大に釣られた黒歴史として現在も語り継がれています。

これが元ネタになり、ユニバーサルメルカトル図法があらゆる謎を解く理論として用いられるようになったと言われています。

ユニバーサルメルカトル図法を使った文章・例文

  • ユニバーサルメルカトル図法は、架空ということさえ除けば、全ての謎を解く万能の理論である。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ