「相応しい」とは?意味や使い方を解説します!

「相応しい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「相応しい」について解説します。

目次

  1. 相応しい
  2. 相応しいの意味とは
  3. 相応しいの使い方・例文

相応しい

相応しい」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「相応しい」という言葉は、少し読み方が難しいです。

「ふさわしい」と読みます。

よく「子どもに相応しい遊び。」や「彼ならあの素敵な彼女のパートナーに相応しい。」といった使い方をします。

動詞である「ふさう」を形容詞化した言葉で、釣り合っているや似つかわしいといった意味を持ちます。

今回は、英語での表現も解説します。

この機会に「相応しい」という言葉について、深く理解していきましょう。

相応しいの意味とは

相応しいとは「動詞である「ふさう」を形容詞化した言葉。釣り合っている。似つかわしい。似合っている。ぴったりだ。」という意味を持つ言葉です。

読み方は「ふさわしい」となります。

漢字表記をそのまま「そうおうしい」と読みたくなってしまいますが、正しい読み方は「ふさわしい」であるため注意しましょう。

使い方としては「今の収入に相応しい生活をしなければならない。」や「子どもに相応しくない遊びをするな。」「彼ならあの素敵な彼女のパートナーに相応しいだろう。」「立食パーティーに相応しい服装。」といった表現が一般的です。

状況や年齢など、ぴったり合っているという意味で幅広く使用される言葉です。

また、この「相応しい」という言葉は、英語で「suitable」と訳されます。

>

相応しいの使い方・例文

  1. ドレスコードがあるレストランに来たのに、Tシャツにサンダルとは相応しくない。
  2. 浮気ばかりしている彼は、純粋な彼女に相応しくない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ